食生活について

果物たくさん

コレステロールは値は低いほど良いという訳ではありません。コレステロールにも体内で細胞やホルモンの材料になるという大切な役目があります。しかし、悪玉コレステロールは動脈硬化を進行させると言われています。動脈硬化は全ての成人病の引き金になります。悪玉コレステロールを下げて血管を健康な状態に維持しなければなりません。コレステロール値はコレステロールを多く含む食品で増えると考えられています。しかし、バランスの悪い食生活で体内で合成されてしまう方が多いと言われるようになりました。したがって、悪玉コレステロールを下げるには、野菜をしっかり摂るバランスのとれた食生活を心がけます。同時に、適度な運動をする事も大切です。

そこで、バランスの取れた食生活とは、卵、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品、魚、肉、野菜類、大豆製品、主食を三食きちんと食べる事です。卵はコレステロールの高い食品ですが、必須アミノ酸を含む大切な食品です。一日一個が適量です。中性脂肪は悪玉コレステロールを増やすと言われます。肥満を予防しなければなりません。そのためには、ローファット牛乳 が良いでしょう。大豆製品はコレステロールの心配のないタンパク質源です。魚の油はコレステロールを下げます。しかし、極端に魚に偏らず、適量の肉類も大切です。コレステロールを下げる植物油で料理しましょう。野菜は体の調子を整え、悪玉コレステロールも下げる働きがあります。果物は果糖を含みますので、適量を守りましょう。