栄養管理

健康シリアル食

LDLコレステロールと呼ばれる悪玉コレステロールは増えすぎると、血管壁に溜まり血流を阻害し動脈硬化や脳卒中などの原因ともなると言われています。そのため、日頃から悪玉コレステロールを増やさないような食生活を送ることが重要です。 まず気をつける必要があるのが体内で凝固しやすい飽和脂肪酸です。バターや肉の脂、クリームなどに多く含まれる飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを増やす原因ともなります。魚やオリーブオイルなどに含まれる不飽和脂肪酸を多く摂取することにより悪玉コレステロールの改善にも繋がります。 また、植物繊維も抑制には有効です。豆類やサツマイモ、りんごなど野菜や果実を食事の際に多くとることにより予防に役立ちます。

毎日の食事で悪玉コレステロールの対策を行うのが良いのですが、忙しい方や好き嫌いが激しい方など食事で上手く対策を行えないという方もいるのではないでしょうか。そんな方にはサプリメントを利用する方法もあります。 魚が苦手という方はDHA・EPAといったサプリメントを利用することで、手軽に不飽和脂肪酸を摂取することができます。野菜が苦手な方でも、食物繊維を手軽に摂取できるサプリメントも晩梅されています。 このようなサプリメントを上手く利用することで忙しい方は好き嫌いが激しい方でも簡単に健康管理をすることができます。 自分に合った栄養摂取方法を見つけることが大切です。自分の生活スタイルや好みにあった方法でしっかりと必要な栄養を摂取することで悪玉コレステロールの予防や改善をすることができます。